小顔の基準とは?

憧れの小顔になる方法

 

「小顔でいいね」「小顔だね」というのはどうやら褒め言葉のようですが、顔が小さいとどんなメリットがあるのでしょうか。
タレントやスポーツ選手で「顔小さいな〜」と思う人は何人かいます。そういう人は全身を見たときにとてもすっきりした印象がありますよね。
一般の人でも、体型に多少コンプレックスを持っていたとしても顔が小さければ全体のバランスがよく見えるので、小顔ゆえに得をすることがあるのかもしれません。

 

小顔になりたい、顔を少しでも小さく見せたいという願望は外見的なものもありますが、顔のむくみを取ってすっきりさせたいという健康上の理由もあると思います。

 

さて、小顔小顔といいますが小顔の定義って決まっているのでしょうか? 一般的には男性の場合、平均身長172cmだと顔の長さが24cmくらいで幅が16cmくらいより小さい顔。女性の場合は平均身長が158cmだと長さが23cmくらい、幅が15.5cmくらいより小さい顔が小顔の基準だと言われます。
でも多くの場合全身とのバランスをパッと見た印象で「顔が小さいね〜」と言われるのではないでしょうか。
大きい小さいの基準は人により違いますので、かなり曖昧な表現であると言えるでしょうね。

 

芸能人御用達の小顔矯正
頭蓋骨などの骨を動かすことによって顔を小さくする整体を施術する「西倉式美容整体」は芸能人やモデルがこぞって通う人気整体。
深田恭子さん、道端ジェシカさん、優木まおみさんなどが通っているそうです。
ただし、効果もさることながら、お値段もセレブ級。10分で約21万円というから庶民にはちょっと・・・ですね。

オススメサイト